FC2ブログ

tag: ノンフィクション  1/2

[Am]Dave the Potter

No image

Dave the Potter著者 : Laban Carrick HillLittle, Brown Books for Young Readers発売日 : 2010-09-07『Dave the Potter』 Laban Carrick Hill(邦題:つぼつくりのデイヴ/レイバン・キャリック・ヒル、ブライアン・コリアー)YL:1.0-3.0 (自己評価)語数:1,736語私たちにとって、それはただの土。ただの地面。けれど、Daveにとっては違った──。約200年前のアメリカで奴隷として生きていた、陶工のDave。彼が作った壺、そし...

  •  0
  •  0

[Am]Fannie in the Kitchen

No image

Fannie in the Kitchen [Kindle]著者 : Deborah HopkinsonAtheneum Books for Young Readers発売日 : 2013-07-23『Fannie in the Kitchen』 Deborah Hopkinson, Nancy Carpenter(邦題:なし)YL:3.2語数:1,544語少女・Marciaは、身重のお母さんに代わって、家事の一切を(本人的には)完璧にこなしています。しかしある日、お母さんはFannieという女性をお手伝いに雇うことに。最初Fannieを嫌っていたMarciaでしたが、彼女の...

  •  0
  •  0

[Am]Thank You, Mr. Falker

No image

Thank You, Mr. FalkerPatricia Polacco Philomel Books 1998-05-04『Thank You, Mr. Falker』 Patricia Polacco(邦題:ありがとう、フォルカーせんせい/パトリシア・ポラッコ)YL:2.6語数:2,315語少女・Trishaの祖父は「知識はハチミツのように甘い。しかしどちらかといえば、知識は、ハチミツを集めるハチに似ている」と、読書の素晴らしさを、彼女の5歳の誕生日に説きます。彼女の家族も、Trisha自身も、いつか本を読むよ...

  •  0
  •  0

[Br] Around the World in Eighty Days

No image

Around the World in Eighty DaysJohn BurninghamJonathan Cape Ltd1987『Around the World in Eighty Days』 John Burningham(邦題:なし/ジョン・バーニンガム)YL:2.5-3.0 (自己評価)語数:1,500語1872年10月2日。ジュール・ヴェルヌの小説の主人公は、ロンドンの紳士クラブから世界一周の旅に出た。1970年10月3日。“私”は、彼と全く同じ場所から、世界一周の旅に出た。もちろん、正真正銘、本当の話だ。オリエント急行...

  •  0
  •  0

[Br]The Death of Karen Silkwood

No image

The Death of Karen Silkwood (Oxford Bookworms: Stage 2)Joyce Hannam Oxford Univ Pr Childrens Books 2008-01-31『The Death of Karen Silkwood』 Joyce Hannam(邦題:なし)YL:2.6語数:5,585語1972年アメリカ。公道から大きく外れた橋のふもとで、1台の車と、運転手の女性の遺体が見付かった。警察は居眠り運転による事故と結論づけたが、その判断に疑問を抱く人々がいた。彼女はその日、ジャーナリストと会う予定であ...

  •  0
  •  0

[Br]Agatha Christie, Woman of Mystery

No image

Agatha Christie, Woman of Mystery (Oxford Bookworms: Stage 2)John Escott Oxford University Press 2012-02-10『Agatha Christie, Woman of Mystery』 John Escott(邦題:なし)YL:2.7語数:5,955語20世紀初頭、イギリス。18歳の少女は何本もの小説をしたためたが、出版社からはすげない返事が返ってくるばかりだった。そんな生活を送りながら、彼女は恋をし、結婚をし、第二次世界大戦の中、毒薬の知識を手に入れる。そ...

  •  0
  •  0

[Am]Buffalo Bill and the Pony Express

No image

Buffalo Bill and the Pony Express (I Can Read Book 3)Eleanor Coerr, Don Bolognese HarperCollins 1996-08-02『Buffalo Bill and the Pony Express』 Eleanor Coerr, Don Bolognese(邦題:なし)YL:1.8語数:1,306語少年・Billは、馬で70マイル以上を走り郵便を運ぶ、The Pony Expressで働くことに。過酷な仕事ながらも随一の腕前になったBill。ある日、大金を運ぶ仕事が来る。しかしその話を、ギャング達が聞きつけ……。18...

  •  0
  •  0

[Am]Tomas and the Library Lady

No image

Tomás and the Library LadyPat Mora, Raul Colon Dragonfly Books 2000-02-22『Tomás and the Library Lady』 Pat Mora, Raul Colon(邦題:トマスと図書館のおねえさん/パット・モーラ、ラウル・コローン)YL:1.8語数:1,200語少年・Tomásは、季節に合わせてアメリカ国内の農場を転々とする、メキシコからの移民。ある夏、祖父の勧めで町の図書館に行った彼は、そこで親切な女性の図書館員に出会います。その女性の手助けを得...

  •  0
  •  0

[Am]Mysterious Thelonious

No image

Mysterious TheloniousChristopher Raschka Orchard Books 1997-09『Mysterious Thelonious』 Christopher Raschka(邦題:なし/クリス・ラシュカ)YL:0.2-1.0 (自己評価)語数:92語 (自己カウント)これは、有名なジャズ・ピアニスト、セロニアス・モンクの話。彼の音楽は自由だった。だって、ジャズは自由な音楽だから――。不思議なセロニアスのお話。セロニアスの伝記ではなく、その音楽の自由さを、絵で表現しよう!と...

  •  0
  •  0

[Am]Tree of Cranes

No image

Tree of CranesAllen Say HMH Books for Young Readers 2009-11-16『Tree of Cranes』 Allen Say(邦題:なし/アレン・セイ)YL:1.8語数:1,027語ある冬の日、“ぼく”が池遊びをして帰ってくると、お母さんが銀色の紙で折鶴を作っています。冬に池に行ったせいで体を冷やしてしまい、布団に放り込まれてしまった“ぼく”でしたが、窓から庭を覗くと、今度は小さな松を掘り起こしているお母さんの姿が。しばらくすると、鉢に植え替...

  •  0
  •  0

[Am]Follow the Drinking Gourd

No image

Follow the Drinking GourdJeanette Winter Dragonfly Books 1992-01-15『Follow the Drinking Gourd』 Jeanette Winter(邦題:邦題なし/ジャネット・ウィンター)YL:1.0語数:1,069語南北戦争以前。アメリカの奴隷たちを解放しようとする元船乗り・Peg Leg Joeという老人がいた。彼は農場で転々と働き、その先々で、奴隷たちに歌を教えた。そして奴隷たちは、その歌を道しるべに、自由の地へと逃亡する――現代に伝わる「Follo...

  •  0
  •  0

[Br?]A New Coat for Anna

No image

A New Coat for AnnaHarriet Ziefert, Anita Lobel Dragonfly Books 1988-05-12『A New Coat for Anna』 Harriet Ziefert, Anita Lobel(邦題:アンナの赤いオーバー/ハリエット・ジィーフェルト、 アニタ・ローベル)YL:2.1-2.3 (自己評価)語数:1,036語少女・Annaの住む国では、何年も続く戦争の為に物資が不足し、彼女のコートはボロボロで小さくなっていました。娘を不憫に思いながらも、この時代を過ぎればと言い聞か...

  •  0
  •  0

[Br]The Elephant Man

No image

The Elephant Man (Oxford Bookworms: Stage 1)Tim Vicary Oxford University Press, USA 2009-04-01『The Elephant Man』 Tim Vicary(邦題:エレファント・マン)YL:2.1語数:5,400語イギリスの医師・Dr.Trevesは、ある日、エレファントマンという見世物の張り紙を見かける。興味本位で入った彼が見た者は、喋ることも動くこともままならないほどに肥大化した顔、右腕、両足――そんな、世にも奇妙な姿の男だった。治す術が...

  •  0
  •  0

[Am]The Long Way to a New Land

No image

The Long Way to a New Land (I Can Read Book 3)Joan Sandin HarperCollins 1986-05-23『The Long Way to a New Land』 Joan Sandin(邦題:なし)YL:1.8語数:1984語その年、スウェーデンは飢饉に見舞われた。今日食べる物もないErik一家の元に、アメリカに住む伯父から手紙が届く。一家は沢山の人々と共に、アメリカに行くため、船に乗り込むが……。実際にあった移民の話を元にした小説。船での12日間がとにかく凄い。鍵を...

  •  0
  •  0

[Am]The Big Balloon Race

No image

The Big Balloon Race (I Can Read Book 3)Eleanor Coerr, Carolyn Croll HarperCollins 1984-06-06『The Big Balloon Race』 Eleanor Coerr(邦題:なし/エリナー・コア)YL:1.8語数:1387語今日は気球レースの日。少女Arielは、母Carlottaに、熱心にあることを頼み込んでいます。何故なら、Carlottaは、女性の中でアメリカ一の気球操縦者。Arielはその手伝いをしたいのです。願いを退けられて悲しむArielでしたが、不注意...

  •  0
  •  0

[Br]Biblioburro

No image

Biblioburro: A True Story from ColombiaJeanette Winter Beach Lane Books 2011-06-28『Biblioburro』 Jeanette Winter(邦題:ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし/ジャネット・ウィンター)YL:1.6-1.8 (自己評価)語数:583語ある所に、本の大好きな男がおりました。次から次へと本を買ってくるので、家の中は本でいっぱい。「こんなにどうするの、ご飯のお供にでもする気なの?!」と、奥さんも呆れ顔...

  •  0
  •  0

[?]All Shining in the Spring

No image

All Shining in the Spring: The Story of a Baby Who DiedSiobhan Parkinson O'Brien Pr 1996-12『All Shining in the Spring』 Siobhan Parkinson(邦題:なし/シヴォーン・パーキンソン)YL:1.6-1.8 (自己評価)語数:1472語 (自己カウント ※概算)Matthewは喜びのあまり、どうにかなりそうだった。というのも、お母さんに赤ちゃんが出来たからだ。弟が生まれる日を、心から待ちわびるMatthew。しかしある日、検診に行...

  •  0
  •  0

[Am]Thomas Jefferson's Feast

No image

Thomas Jefferson's Feast (Step into Reading)Frank Murphy, Richard Walz Random House Books for Young Readers 2003-09-09『Thomas Jefferson's Feast』 Frank Murphy, Richard Walz(邦題:なし)YL:1.6語数:1172語昔々、アメリカに、とても食い道楽の男がおりました。彼は良く食べ、食事のために数々の発明をし、外国で仕入れた食べ物の知識を……。第3代アメリカ大統領、トーマス・ジェファーソンの知られざる側面。と...

  •  0
  •  0

[Am]When Everybody Wore a Hat

No image

When Everybody Wore a HatWilliam Steig HarperCollins 2005-04-26『When Everybody Wore a Hat』 William Steig(邦題:みんなぼうしをかぶってた/ウィリアム・スタイグ)YL:0.9-1.0 (自己評価)語数:612語1916年、これは、ぼくが8歳の頃の話。あの頃は、電気や車は殆どなくて、みんな帽子をかぶってた。ぼくは大きくなったら、芸術家か船乗りになりたいと思ってた――。第一次世界大戦の時代、アメリカで移民として過ごし...

  •  0
  •  0

[Br]Mother Teresa

No image

Mother Teresa (Penguin Readers: Level 1)Pearson Education Pearson Japan 2009-02-18『Mother Teresa』 (邦題:なし)YL:1.0語数:2133語セルビアに生まれたマザー・テレサは、敬虔なカトリックだった母の影響から、修道女になることを決意し、家族と離れ一人インドへと向かう。カルカッタの院の寄宿学校で、多くの貧しい子どもたちの面倒を見てきた彼女だったが、それでも院の外には貧しい人が溢れかえり、毎日路上で何...

  •  0
  •  0