FC2ブログ

tag: ファンタジー・SF  1/5

[Am]The Shrinking of Treehorn

No image

The Shrinking of Treehorn著者 : Florence Parry HeideHoliday House発売日 : 1971-09-01『The Shrinking of Treehorn』 Florence Parry Heide, Edward Gorey(邦題:なし/フローレンス・パリー・ハイド、エドワード・ゴーリー)YL:3.0語数:2,477語ある日、自分の体が縮んでいっていることに気付いた少年・Treehorn。大人や友達に相談しますが、「人間が縮むわけない」と、まともに取り合ってくれません。そうこうして過ごし...

  •  0
  •  0

[Am]The Amazing Bone

No image

The Amazing Bone著者 : William SteigFarrar Straus & Giroux発売日 : 1976-09-01『The Amazing Bone』 William Steig(邦題:ものいうほね/ウィリアム・スタイグ)YL:4.0語数:1,665語ブタの少女・Pearlは、学校からの帰り道、ふと寄り道した野原で言葉を話す骨を見つけます。魔女の落とし物だというその骨と仲良くなり、一緒に家に帰ろうとするPearl。しかしその途中で、恐ろしいものに次々と出会い……。タイトルから、骨がす...

  •  0
  •  0

[Am]Dinner at Magritte's

No image

Dinner at Magritte's著者 : Michael GarlandDutton Juvenile発売日 : 1995-05-01『Dinner at Magritte's』 Michael Garland(邦題:なし/マイケル・ガーランド)YL:1.6-2.4 (自己評価)語数:1,200語 (自己カウント)両親と共にフランス郊外の避暑地にやってきた少年・Pierreは、同年代の子ども一人いない毎日に飽き飽き。そんな彼の楽しみは、両親曰く"変人"の、向かいに住むMagritte夫妻の家を訪ねることでした。ある日Pie...

  •  0
  •  0

[Am]Carmine

No image

Carmine: A Little More Red著者 : Melissa SweetHMH Books for Young Readers発売日 : 2005-05-02『carmine』 Melissa Sweet(邦題:なし/メリッサ・スウィート )YL:2.0-2.5 (自己評価)語数:1,182語ある所に、赤色が好きで、道草が大好きなCarmineという女の子がおりました。Carmineは愛犬のRufusと一緒に、おばあちゃんの家へと向かいます。寄り道をしないように──そんなお母さんの声に生返事をし、赤い上着と画材を掴ん...

  •  0
  •  0

[Am]Flowers for the Snowman

No image

Flowers for the Snowman著者 : Gerda Marie ScheidlNorth South Books発売日 : 1998-09-01『Flowers for the Snowman』 Gerda Marie Scheidl(邦題:ゆきだるまのさがしもの/ゲルダ・マリー・シャイドル)YL:1.4語数:930語雪原の中、Snowmanは一人うなだれていました。何故なら、見渡す限り真っ白で、思い描いていた色とりどりの花が咲く光景がどこにもなかったからです。「きっと場所が悪いんだ」すれ違う動物たちに「雪でで...

  •  0
  •  0

[Am]The Sugar Child

No image

The Sugar Child著者 : Monique de VarennesAtheneum Books for Young Readers発売日 : 2004-10-05『The Sugar Child』 Monique de Varennes(邦題:なし)YL:2.0-3.0 (自己評価)語数:1,397語カナダのある村に住むパン屋の夫婦には子どもがいませんでしたが、ある日、マジパンで作った少女に命が宿ります。Matineと名付けたその子は雨に弱く、夫妻は心配で彼女を外に出そうとしませんでしたが、同い年の子供たちを見て涙ぐむ...

  •  0
  •  0

[Br]Blackboard Bear

No image

Blackboard Bear著者 : Martha AlexanderCandlewick発売日 : 1999-11-03『Blackboard Bear』 Martha Alexander(邦題:なし ─こくばんくまさん/マーサ・アレクサンダー)YL:0.5-1.0(自己評価)語数:162語“ぼく”は遊び相手を探しますが、みんな、小さすぎるからと相手にしてくれません。ふと思い立った“ぼく”が黒板にクマを描くと、絵のクマが本物になって……。かわいらしい絵柄とは裏腹に、ピリリと毒が効いています。「お前の...

  •  0
  •  0

[Br]The Tale of Ginger and Pickles

No image

The Tale of Ginger and Pickles (Peter Rabbit)著者 : Beatrix PotterWarne発売日 : 2002-09-16『The Tale of Ginger and Pickles』 Beatrix Potter(邦題:「ジンジャーとピクルズや」のおはなし─ピーターラビットの絵本12/ビアトリクス・ポター)YL:4.0語数:1,100語ネコのGingerとイヌのPicklesは、品揃え豊富な雑貨店を営んでいました。掛売り(ツケ払い)で商売をしていたそのお店は、もう1件ある現金払いしか受け付けな...

  •  0
  •  -

[Br]Welcome to Narnia

No image

Welcome to Narnia: The Chronicles of Narnia (I Can Read Book 2)HarperCollins Children's Books 2005-10-24『Welcome to Narnia: The Chronicles of Narnia (I Can Read Book 2)』 (邦題:ナルニア国物語/C・S・ルイス)YL:1.0語数:470語田舎へと引っ越してきたPevensie4兄弟は、ある日、屋敷の衣装ダンスから別世界・Narnia国へとたどり着く。妖精や幻獣が住んでいる雪深いその国は、今は白い魔女が統治していて……...

  •  0
  •  0

[Am]Earthquake in the Early Morning

No image

Earthquake in the Early Morning(Magic Tree House 24)Mary Pope Osborne Sal Murdocca Random House Books for Young Readers 2001-07-24『Earthquake in the Early Morning(Magic Tree House 24)』 Mary Pope Osborne(邦題:夜明けの巨大地震 /メアリー・ポープ・オズボーン)YL:2.7語数:5,552語魔法のツリーハウスで、マスター・ライブラリアンとして様々な時代の様々な国を訪れるようになった兄妹・JackとAnnie。ツ...

  •  0
  •  0

[Am]Day of the Dragon King

No image

Day of the Dragon King (Magic Tree House14)Mary Pope Osborne, Sal Murdocca Random House Books for Young Readers 2010-06-09『Day of the Dragon King (Magic Tree House14)』 Mary Pope Osborne(邦題:始皇帝から禁書を救え! /メアリー・ポープ・オズボーン)YL:2.7語数:5,318語魔法のツリーハウスの持ち主・Morganから、マスター・ライブラリアンの資格をもらった兄妹・JackとAnnie。今回の彼らのミッションは、...

  •  0
  •  0

[Am]Vacation Under the Volcano

No image

Vacation Under the Volcano (Magic Tree House13)Mary Pope Osborne, Sal Murdocca Random House Books for Young Readers 2010-06-09『Vacation Under the Volcano (Magic Tree House13)』Mary Pope Osborne, Sal Murdocca(邦題:ポンペイ最後の日/メアリー・ポープ・オズボーン)YL:2.7語数:5,821語魔法のツリーハウスの持ち主・Morganから、マスター・ライブラリアンの資格をもらった兄妹・JackとAnnie。今回の彼らの...

  •  0
  •  0

[Am]The Adventures of Beekle

No image

The Adventures of Beekle: The Unimaginary FriendDan Santat Andersen 2016-02-04『The Adventures of Beekle』 Dan Santat(邦題:ビークル―ゆめのこどものおはなし/ダン・サンタット)YL:0.5-0.6 (自己評価)語数:289語“彼”は、イマジナリーフレンド――子どもたちが思い描く、空想の友達――の生まれる島で誕生しました。彼らはそこで、人間の子どもたちが自分を友人に選んでくれるのを待つのです。けれど、いくら待っても...

  •  0
  •  0

[Am]The Polar Express

No image

The Polar Express: 30th Anniversary EditionChris Van Allsburg Andersen 2015-10-01『The Polar Express』 Chris Van Allsburg(邦題:急行「北極号」/クリス・ヴァン・オールズバーグ)YL:3.0語数:1,054語クリスマスイブの夜、“ぼく”は蒸気と金属の音で目を覚ます。家の前には汽車が停まっていた。乗り込んでみた中には、“ぼく”と同じようにパジャマやナイトガウンを着た、たくさんの子どもたち。車掌さんいわく、これは...

  •  0
  •  0

[Am]Jumanji

No image

JumanjiChris Van Allsburg Andersen 2017-11-02『Jumanji』 Chris Van Allsburg(邦題:ジュマンジ/クリス・ヴァン・オールズバーグ)YL:2.7語数:1,800語公園でボードゲームを拾った姉弟・JudyとPeterは、留守番中にそれで遊ぶことにする。それはパッと見、ジャングルを探検する設定の、ありふれた、退屈そうなすごろくだった。しかしそのゲームを始めた途端に、部屋に現れ襲ってくるライオン、突如降り始めるスコール。解決...

  •  0
  •  0

素敵な魔法の参考書

No image

そういえば3月半ばは、こんな新刊を見つけたので読んでいました。マジカルチャプターブックガイド 中学英語で読める海外児童書の世界なか なかこ、三村 晴子 経済界 2017-12-22『マジカルチャプターブックガイド 中学英語で読める海外児童書の世界』 なか なかこ、三村 晴子ファンタジーの児童書4冊を、各章のあらすじを交えつつ英文で読んでいく、という本なのですが、解説が丁寧で、語り口が熱く楽しげで、これで物語は一段落...

  •  0
  •  0

[Am]Andrew's Angry Words

No image

Andrew's Angry WordsDorothea Lachner, The Tjong-King North-South / Night Sky Books 1997-09-01『Andrew's Angry Words』 Dorothea Lachner, The Tjong-King(邦題:なし/ドロテア・ラフナー、テー・チョンキン)YL:1.2-1.3 (自己評価)語数:966語居間で遊んでいたAndrewは、電話に出ようとした姉・Marionに思い切り蹴飛ばされてしまいます。怒りのあまり吐き出した、いまだかつてない酷い言葉は、Andrewがしまったと思...

  •  0
  •  0

[Am]The Garden of Abdul Gasazi

No image

The Garden of Abdul GasaziChris Van Allsburg HMH Books for Young Readers 1979-10-10『The Garden of Abdul Gasazi』 Chris Van Allsburg(邦題:魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園/クリス・ヴァン・オールズバーグ)YL:2.7語数:1,117語少年・Alanは、Miss Hesterの留守中、彼女の飼い犬・Fritz──行儀のなってない困った犬──の世話を任されます。しかし、散歩の途中に首輪から抜け出し、「絶対に犬を入れないこと」と看板...

  •  0
  •  0

[Am]The Frog Prince, Continued

No image

The Frog Prince, ContinuedJon Scieszka, Steve Johnson Puffin Books 1994-09-01『The Frog Prince, Continued』 Jon Scieszka, Steve Johnson(邦題:なし/ジョン・シェスカ)YL:2.0語数:1,089語カエルに変えられていた王子様はお姫様のキスで魔法が解け、二人は幸せに──暮らしていたかというと、そうでもなく。カエルの頃の習慣が抜けない王子様は、舌を長く伸ばしたり、寒い日に池に飛び込もうとしたり。ある日お姫様に...

  •  0
  •  0

[Am]Flat Stanley

No image

Flat Stanley: His Original Adventure!Jeff Brown, Macky Pamintuan HarperCollins 2010-09-28『Flat Stanley』 Jeff Brown(邦題:ぺちゃんこスタンレー/ジェフ・ブラウン)YL:3.0語数:4,253語ある朝目覚めると、Stanley少年はぺちゃんこに──身長4フィート(122cm)、厚み0.5インチ(1.3cm)に──なっていた。弟の為に凧になったり、引っ越した友人の元へ大冒険をしたり。そんなある日、美術品を狙う泥棒を捕まえる為に、彼...

  •  0
  •  0