FC2ブログ

tag: 動物もの  1/7

[Am]A Giraffe and a Half

No image

A Giraffe and a Half著者 : Shel SilversteinHarperCollins発売日 : 2014-02-18『A Giraffe and a Half』 Shel Silverstein(邦題:ゆかいないっぴきはん/シェル・シルヴァスタイン)YL:0.4-0.5 (自己評価)語数:936語“君がキリン(giraffe)を飼っていて、そいつを半分(half)伸ばしてみたら、君はキリンと半分を飼っていることになる”──。"hat"に"rat"、"suit"で"cute"……その内"wagon"の"dragon"までくっついてきて、“君”...

  •  0
  •  0

[Am]The Amazing Bone

No image

The Amazing Bone著者 : William SteigFarrar Straus & Giroux発売日 : 1976-09-01『The Amazing Bone』 William Steig(邦題:ものいうほね/ウィリアム・スタイグ)YL:4.0語数:1,665語ブタの少女・Pearlは、学校からの帰り道、ふと寄り道した野原で言葉を話す骨を見つけます。魔女の落とし物だというその骨と仲良くなり、一緒に家に帰ろうとするPearl。しかしその途中で、恐ろしいものに次々と出会い……。タイトルから、骨がす...

  •  0
  •  0

[Am]The Snow Day

No image

The Snow Day著者 : Komako SakaiArthur a Levine発売日 : 2009-01-01『The Snow Day』 Komako Sakai(邦題:ゆきがやんだら/酒井駒子)YL:0.5語数:254語大雪で幼稚園がお休みになった“ボク”。雪遊びをしたくて外に出ようとしますが、雪がやんでから、とお母さんに止められてしまいます。大雪は、“ボク”にとって、楽しいだけでもないようで……。酒井さんの絵が大好きなので、見かけてすぐ手に取りました。大雪で交通がストップ...

  •  0
  •  0

[Am]Carmine

No image

Carmine: A Little More Red著者 : Melissa SweetHMH Books for Young Readers発売日 : 2005-05-02『carmine』 Melissa Sweet(邦題:なし/メリッサ・スウィート )YL:2.0-2.5 (自己評価)語数:1,182語ある所に、赤色が好きで、道草が大好きなCarmineという女の子がおりました。Carmineは愛犬のRufusと一緒に、おばあちゃんの家へと向かいます。寄り道をしないように──そんなお母さんの声に生返事をし、赤い上着と画材を掴ん...

  •  0
  •  0

[Am]Anatole

No image

Anatole著者 : Eve TitusDragonfly Books発売日 : 2010-01-12『Anatole』 Eve Titus(邦題:ねずみのとうさん アナトール、ねずみのアナトール/イブ・タイタス、ポール・ガルドン)YL:2.5語数:1,168語パリ近郊に住むネズミのAnatoleは、素敵な家族に囲まれ、誰よりも幸せに暮らしていました。──人間がネズミを忌み嫌っていると知るまでは。自分の名誉のためにも何とか人間の役に立てないかと考えたAnatoleは、タイプした沢山の...

  •  0
  •  0

[Am]Bam and Kero's Sunday

No image

Bam and Kero’s sunday バムとケロのにちようび 英語版著者 : 島田ゆか文溪堂発売日 : 2014-09-19『Bam and Kero's Sunday』 島田ゆか(邦題:バムとケロのにちようび/島田ゆか)YL:0.5-0.6 (自己評価)語数:368語今日は日曜日だというのに、あいにくの雨。こんな日は家の中で本をゆっくりと読むに限る、と、Bamは部屋を片付け、おいしいお菓子を用意し──ようとするのですが、強敵が現れて……。バム&ケロシリーズの中で一番好...

  •  0
  •  0

[Br]Little Cat and Greedy Old Woman

No image

Little Cat and Greedy Old Woman (Red Fox picture books)著者 : Joan RankinRandom House UK発売日 : 1999-07-21『Little Cat and Greedy Old Woman』 Joan Rankin(邦題:なし)YL:0.7-0.8 (自己評価)語数:503語 (自己カウント)欲張りな老婦人は、朝早くからスペシャルディナーの準備に大忙し。空腹を訴える小さな飼い猫もそしらぬ風です。夕食になっても、老婦人は猫を無視して自分だけ食事。丸一日食事をしていない猫...

  •  0
  •  0

[Br]Blackboard Bear

No image

Blackboard Bear著者 : Martha AlexanderCandlewick発売日 : 1999-11-03『Blackboard Bear』 Martha Alexander(邦題:なし ─こくばんくまさん/マーサ・アレクサンダー)YL:0.5-1.0(自己評価)語数:162語“ぼく”は遊び相手を探しますが、みんな、小さすぎるからと相手にしてくれません。ふと思い立った“ぼく”が黒板にクマを描くと、絵のクマが本物になって……。かわいらしい絵柄とは裏腹に、ピリリと毒が効いています。「お前の...

  •  0
  •  0

[Br]The Tale of Ginger and Pickles

No image

The Tale of Ginger and Pickles (Peter Rabbit)著者 : Beatrix PotterWarne発売日 : 2002-09-16『The Tale of Ginger and Pickles』 Beatrix Potter(邦題:「ジンジャーとピクルズや」のおはなし─ピーターラビットの絵本12/ビアトリクス・ポター)YL:4.0語数:1,100語ネコのGingerとイヌのPicklesは、品揃え豊富な雑貨店を営んでいました。掛売り(ツケ払い)で商売をしていたそのお店は、もう1件ある現金払いしか受け付けな...

  •  0
  •  -

[Am]Little Polar Bear and Brave Little Hare

No image

Little Polar Bear and Brave Little Hare (Little Polar Bear)Hans de Beer North-South / Night Sky Books 1994-09-01『Little Polar Bear and Brave Little Hare (Little Polar Bear)』 Hans de Beer(邦題:リトル・ポーラ・ベア―ラルスとおくびょううさぎ/ハンス・デ・ビア)YL:1.3-1.4語数:998語シロクマの子・Larsは、子ウサギのHugoと出会い友達になります。丘を滑って遊ぶことさえ怯えるHugoを、“こわがり”とか...

  •  0
  •  0

[Am]Swine Lake

No image

Swine LakeJames Marshall, Maurice Sendak HarperCollins 1999-04-21『Swine Lake』 James Marshall, Maurice Sendak(邦題:おいしそうなバレエ/ジェイムズ・マーシャル、モーリス・センダック)YL:2.2-3.8 (自己評価)語数:1,658語ある所に、やせこけたみすぼらしいオオカミがおりました。ある日、彼が知らない路地を見つけて進んでいくと、そこには劇場が。しかもアクターは全て、丸々とした美味しそうなブタではありま...

  •  0
  •  0

[Am]The True Story of the Three Little Pigs

No image

The True Story of the Three Little PigsJon Scieszka, Lane Smith Puffin Books 1996-03-01『The True Story of the Three Little Pigs』 Jon Scieszka, Lane Smith(邦題:三びきのコブタのほんとうの話―A.ウルフ談/ジョン・シェスカ 、レイン・スミス)YL:3.0語数:863語僕は『三びきのこぶた』に出てくるオオカミ。"Al"って呼んでくれて構わないよ。みんな僕のことを悪いやつだと言うけど、本当は違う。僕はハメられたん...

  •  0
  •  0

[Am]Babar Visits Another Planet

No image

Babar Visits Another Planet (Babar)Laurent de Brunhoff Harry N. Abrams 2003-03-01『Babar Visits Another Planet (Babar)』 Laurent de Brunhoff(邦題:なし―ぞうのババール/ロラン・ド・ブリュノフ)YL:1.7語数:1,203語ピクニックの最中にロケットを見つけた、ゾウのBabar一家。近づいた途端ロケットはBabar達を吸い込み、勝手に離陸してしまいます。月も火星も通り過ぎ、何日もかけて辿り着いた星には、ゾウのよ...

  •  0
  •  0

[Am]Babar the King

No image

Babar the King (Babar the Elephant 3)Jean de BrunhoffAlbatross Publishers 2018-02-28『Babar the King (Babar the Elephant 3)』 Jean de Brunhoff(邦題:おうさまババール─ぞうのババール/ジャン・ド・ブリュノフ)YL:1.8語数:2,298語Babarはゾウの王様。人間の文化を良く知る彼は、仲間のゾウと街を造ります。文化施設や公園も完成し、記念式典の日。その成功に、今日がゾウたちにとって忘れがたく、素晴らしい日...

  •  0
  •  0

[Am]The Travels of Babar

No image

The Travels of Babar (Babar the Elephant 2)Jean De Brunhoff Random House Books for Young Readers 1937-09-12『The Travels of Babar/ Babar's Travels (Babar the Elephant 2)』 Jean De Brunhoff (邦題:ババールのしんこんりょこう─ぞうのババール/ジャン・ド・ブリュノフ)YL:1.8語数:1,962語ゾウたちの王様と女王様になった、BabarとCeleste。二人は気球で新婚旅行に出かけますが、天候が崩れて、無人島に不時...

  •  0
  •  0

[Am]Two Bad Ants

No image

Two Bad AntsChris Van Allsburg HMH Books for Young Readers 1988-10-24『Two Bad Ants』 Chris Van Allsburg(邦題:2ひきのいけないアリ、くいしんぼうのあり/クリス・ヴァン・オールズバーグ)YL:2.5語数:1,232語女王アリがいたく気に入った、美味しくて幸せな気持ちになれる“キラキラ”を探しに出かけたアリたち。辿り着いた場所には、あふれるほどたくさんのキラキラが。それらを巣に持ち帰るアリたちを尻目に、ここに...

  •  0
  •  0

[Am]The Story of Babar

No image

The Story of Babar (Babar the Elephant 1)Jean de Brunhoff Egmont Books Ltd 2008-01-07『The Story of Babar (Babar the Elephant 1)』 Jean de Brunhoff(邦題:ぞうのババール/ジャン・ド・ブリュノフ)YL:1.8語数:1,192語森でいとこやお母さんと一緒に暮らしていた子象・Babar。しかしある日、お母さんが人間に撃たれてしまいます。恐怖のあまり逃げ出したBabarは、やがて人間の町に辿り着き……。ロングセラーとし...

  •  0
  •  0

[Br]The Riddle of the Floating Island

No image

The Riddle of the Floating Island (The Adventures of Archibald Koala 2)Paul Cox Jonathan Cape Ltd 1992-12『The Riddle of the Floating Island (The Adventures of Archibald Koala 2)』 Paul Cox(邦題:ぷかぷか島のなぞ─ラストパップ島のコアラ・アーチボルド氏の冒険/ポール・コックス)YL:2.0-2.3 (自己評価)語数:2,300語 (自己概算)コアラとアナグマ達が仲良く住む島・Wombalano。コアラの探偵・Archi...

  •  0
  •  0

[Br]The Great Eucalyptus Mystery

No image

The Great Eucalyptus Mystery (The Adventures of Archibald Koala 1)Paul Cox Jonathan Cape Ltd 1992-12『The Great Eucalyptus Mystery (The Adventures of Archibald Koala 1)』 Paul Cox(邦題:ユーカリのひみつ─ラストパップ島のコアラ・アーチボルド氏の冒険/ポール・コックス)YL:1.9-2.2 (自己評価)語数:1,600語 (自己概算)Wombalano島では昔から、コアラとアナグマがそれぞれに街を作り、仕事や施設を...

  •  0
  •  0

[Am]Big Fat Cat and the Snow of the Century

No image

Big Fat Cat and the Snow of the Century (Big Fat Cat 7)向山 貴彦、たかしま てつを 幻冬舎 2004-12-10『Big Fat Cat and the Snow of the Century』 向山 貴彦、たかしま てつを(邦題:BIG FAT CAT と雪の夜)YL:2.5語数:9,200語パイコンテストで優勝し、賞金と、モールへの出店権利を手にしたパイ職人・Ed。しかし、自分にその栄誉は相応しくないと悩むEd。そんな折、百年に一度の大雪が到来し、Catが行方不明になっ...

  •  0
  •  0