FC2ブログ

category: レベル1  1/11

[Am]Grandma Baba's Dream Mountain!

No image

やまのぼり―ばばばあちゃんシリーズ 英語版著者 : さとうわきこチャールズイータトル出版発売日 : 2004-04『Grandma Baba's Dream Mountain!』 Wakiko Sato(邦題:やまのぼり─ばばばあちゃんシリーズ/さとうわきこ)YL:1.2語数:850語天気の良い日、ばばばあちゃんは山登りをしようと思い立ちます。しかし集まった子たちは、遊び道具にキャンプ用品にと、両手いっぱいの大荷物。「これじゃあ山まで行けやしない」──ばばばあち...

  •  0
  •  0

[Am]Dinner at Magritte's

No image

Dinner at Magritte's著者 : Michael GarlandDutton Juvenile発売日 : 1995-05-01『Dinner at Magritte's』 Michael Garland(邦題:なし/マイケル・ガーランド)YL:1.6-2.4 (自己評価)語数:1,200語 (自己カウント)両親と共にフランス郊外の避暑地にやってきた少年・Pierreは、同年代の子ども一人いない毎日に飽き飽き。そんな彼の楽しみは、両親曰く"変人"の、向かいに住むMagritte夫妻の家を訪ねることでした。ある日Pie...

  •  0
  •  0

[Am]Flowers for the Snowman

No image

Flowers for the Snowman著者 : Gerda Marie ScheidlNorth South Books発売日 : 1998-09-01『Flowers for the Snowman』 Gerda Marie Scheidl(邦題:ゆきだるまのさがしもの/ゲルダ・マリー・シャイドル)YL:1.4語数:930語雪原の中、Snowmanは一人うなだれていました。何故なら、見渡す限り真っ白で、思い描いていた色とりどりの花が咲く光景がどこにもなかったからです。「きっと場所が悪いんだ」すれ違う動物たちに「雪でで...

  •  0
  •  0

[Am]Little Polar Bear and Brave Little Hare

No image

Little Polar Bear and Brave Little Hare (Little Polar Bear)Hans de Beer North-South / Night Sky Books 1994-09-01『Little Polar Bear and Brave Little Hare (Little Polar Bear)』 Hans de Beer(邦題:リトル・ポーラ・ベア―ラルスとおくびょううさぎ/ハンス・デ・ビア)YL:1.3-1.4語数:998語シロクマの子・Larsは、子ウサギのHugoと出会い友達になります。丘を滑って遊ぶことさえ怯えるHugoを、“こわがり”とか...

  •  0
  •  0

[Br]Welcome to Narnia

No image

Welcome to Narnia: The Chronicles of Narnia (I Can Read Book 2)HarperCollins Children's Books 2005-10-24『Welcome to Narnia: The Chronicles of Narnia (I Can Read Book 2)』 (邦題:ナルニア国物語/C・S・ルイス)YL:1.0語数:470語田舎へと引っ越してきたPevensie4兄弟は、ある日、屋敷の衣装ダンスから別世界・Narnia国へとたどり着く。妖精や幻獣が住んでいる雪深いその国は、今は白い魔女が統治していて……...

  •  0
  •  0

[Am]Babar Visits Another Planet

No image

Babar Visits Another Planet (Babar)Laurent de Brunhoff Harry N. Abrams 2003-03-01『Babar Visits Another Planet (Babar)』 Laurent de Brunhoff(邦題:なし―ぞうのババール/ロラン・ド・ブリュノフ)YL:1.7語数:1,203語ピクニックの最中にロケットを見つけた、ゾウのBabar一家。近づいた途端ロケットはBabar達を吸い込み、勝手に離陸してしまいます。月も火星も通り過ぎ、何日もかけて辿り着いた星には、ゾウのよ...

  •  0
  •  0

[Am]Babar the King

No image

Babar the King (Babar the Elephant 3)Jean de BrunhoffAlbatross Publishers 2018-02-28『Babar the King (Babar the Elephant 3)』 Jean de Brunhoff(邦題:おうさまババール─ぞうのババール/ジャン・ド・ブリュノフ)YL:1.8語数:2,298語Babarはゾウの王様。人間の文化を良く知る彼は、仲間のゾウと街を造ります。文化施設や公園も完成し、記念式典の日。その成功に、今日がゾウたちにとって忘れがたく、素晴らしい日...

  •  0
  •  0

[Am]The Travels of Babar

No image

The Travels of Babar (Babar the Elephant 2)Jean De Brunhoff Random House Books for Young Readers 1937-09-12『The Travels of Babar/ Babar's Travels (Babar the Elephant 2)』 Jean De Brunhoff (邦題:ババールのしんこんりょこう─ぞうのババール/ジャン・ド・ブリュノフ)YL:1.8語数:1,962語ゾウたちの王様と女王様になった、BabarとCeleste。二人は気球で新婚旅行に出かけますが、天候が崩れて、無人島に不時...

  •  0
  •  0

[Am]The Story of Babar

No image

The Story of Babar (Babar the Elephant 1)Jean de Brunhoff Egmont Books Ltd 2008-01-07『The Story of Babar (Babar the Elephant 1)』 Jean de Brunhoff(邦題:ぞうのババール/ジャン・ド・ブリュノフ)YL:1.8語数:1,192語森でいとこやお母さんと一緒に暮らしていた子象・Babar。しかしある日、お母さんが人間に撃たれてしまいます。恐怖のあまり逃げ出したBabarは、やがて人間の町に辿り着き……。ロングセラーとし...

  •  0
  •  0

[Am]Andrew's Angry Words

No image

Andrew's Angry WordsDorothea Lachner, The Tjong-King North-South / Night Sky Books 1997-09-01『Andrew's Angry Words』 Dorothea Lachner, The Tjong-King(邦題:なし/ドロテア・ラフナー、テー・チョンキン)YL:1.2-1.3 (自己評価)語数:966語居間で遊んでいたAndrewは、電話に出ようとした姉・Marionに思い切り蹴飛ばされてしまいます。怒りのあまり吐き出した、いまだかつてない酷い言葉は、Andrewがしまったと思...

  •  0
  •  0

[Am]Imaginary Fred

No image

Imaginary FredEoin Colfer, Oliver Jeffers HarperCollins 2016-10-06『Imaginary Fred』 Eoin Colfer, Oliver Jeffers (邦題:なし/オーエン・コルファー、オリヴァー・ジェファーズ)YL:1.8-1.9 (自己評価)語数:1,539語“存在する”イマジナリーフレンドのFredは、さみしい子どもたちの求めに応じて現れ、親友であるよう心を尽くします。やがてその子が現実の友人を作ると、存在が薄れ、空へと帰っていく……。そんな繰り...

  •  0
  •  0

[Am]Doctor Dolittle and the Pirates

No image

Doctor Dolittle and the PiratesHugh Lofting Al Perkins HarperCollins Children's Books 1987-06-01『Doctor Dolittle and the Pirates』 Hugh Lofting, Al Perkins(邦題:ドリトル先生アフリカゆき/ヒュー・ロフティング、アル・パーキンス)YL:1.1-1.2 (自己評価)語数:1,270語 (自己カウント)動物と会話ができるDolittle先生は、アフリカからイングランドに帰る航海の途中。海賊に追いかけられながらも、動物たち...

  •  0
  •  0

[Br]1001 Tips Too Many

No image

1001 Tips Too Many (Cartwheels)Wendy Smith Hamish Hamilton Ltd 1995-05-25『1001 Tips Too Many』 Wendy Smith(邦題:)YL:1.2-1.3 (自己評価)語数:900語 (自己概算)誕生日に『1001の使える裏ワザ』という本をもらった少女・Nancy。最初は色々試していたのですが、その内、自分でするよりも人に教えて役立てる方が楽しくなっていきます。そんなある日、Nancyはおばあちゃんの家に泊まりに行って、色々と裏ワザを...

  •  0
  •  0

[Am]Math Curse

No image

Math CurseJon Scieszka, Lane Smith Viking Books for Young Readers 1995-10-01『Math Curse』 Jon Scieszka, Lane Smith (邦題:算数の呪い/ジョン・シェスカ、 レイン・スミス)YL:1.4-1.5 (自己評価)語数:1,524語ある日の算数の授業中、先生に「身の回りのことを算数に置き換えてみましょう」と言われてから、私は算数の呪いにかかってしまった。起きて家を出るまでの時間、朝ごはんのシリアル、お昼のピザ、野球選...

  •  0
  •  0

[Br]The It-Doesn't-Matter Suit

No image

The It-Doesn't-Matter Suit and Other StoriesSylvia Plath Faber & Faber 2014-11-06『The It-Doesn't-Matter Suit』 Sylvia Plath(邦題:なし/シルヴィア・プラス)YL:1.7-1.8 (自己評価)語数:1,900語 (自己概算)7人兄弟の末っ子・Max Nixは、高山の村で幸せに暮らしていました。けれど、たった一つだけ、物足りないことが。それは、村の人達はみんな(彼の家族も含めて)自分の一張羅があるのに、Maxだけまだ持っ...

  •  0
  •  0

[Br]A Tale of Two Cities

No image

A Tale of Two Cities (Macmillan Readers: Beginner)Charles DickensMacmillan Education 2008-04-25『A Tale of Two Cities』 Charles Dickens(邦題:二都物語/チャールズ・ディケンズ)YL:1.8語数:6,751語18世紀後半。パリでは王政の元、貴族たちが多くの平民を苦しめていた。イギリスに住むフランス人女性・Lucieは、無実の罪で投獄された父親が生きていることを知り、パリへと赴く。その道中で知り合った青年・Charle...

  •  0
  •  0

[Br]Northanger Abbey

No image

Northanger Abbey (Macmillan Readers: Beginner) Jane Austen マクミランランゲージハウス 2012-12-17『Northanger Abbey』 Jane Austen(邦題:ノーサンガー・アビー、ノーサンガー・アベイ/ジェイン・オースティン)YL:1.8語数:7,337語19世紀初頭、イギリス貴族の娘・Catherineは、知人を頼ってBathでバカンスを過ごすことに。そこで彼女は、同じくバカンスに来ていたThorpe兄妹、Tilney兄妹と親しくなり、中でも青年・H...

  •  0
  •  0

[Br]Marco

No image

Marco (Macmillan Readers: Beginner)Mike Esplen マクミランランゲージハウス 2012-12-17『Marco』 Mike Esplen (邦題:なし)YL:1.4語数:2,245語農場で父を手伝う日々の繰り返しにうんざりしていた少年・Marcoは、都会へ出ようと思い立つ。お金が足りず無賃乗車し、長時間列車に揺られて都会に到着した彼だったが、結局、改札で小銭以外を殆ど失うことに。空腹を覚えつつも、見つけたベーカリーの立派な店構えに圧倒さ...

  •  0
  •  0

[Br]The Jolly Postman

No image

The Jolly PostmanAllan Ahlberg, Janet Ahlberg Little, Brown Books for Young Readers 2001-09-01『The Jolly Postman』 Allan Ahlberg, Janet Ahlberg(邦題:ゆかいなゆうびんやさん/アラン・アルバーグ、ジャネット・アルバーグ)YL:1.0-2.0語数:331-1,221語Jolly Postmanは、自転車で丘を越え、遠くから手紙を届けにやってきます。3匹の親子グマの元へ、女の子から、おかゆを食べてしまったことを謝る手紙を。シンデレ...

  •  0
  •  0

[Br]The Jolly Christmas Postman

No image

The Jolly Christmas PostmanAllan Ahlberg, Janet Ahlberg Little, Brown Books for Young Readers 2001-09-01『The Jolly Christmas Postman』 Allan Ahlberg, Janet Ahlberg(邦題:ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス/アラン・アルバーグ、ジャネット・アルバーグ)YL:1.0-2.0語数:589-1,825語雪の積もったクリスマス・イブ、Jolly Postmanはちょっと変わった人々へ手紙を届けに行きます。オオカミから赤ずきんにグリー...

  •  0
  •  0