FC2ブログ

category: レベル2  1/5

[Am]Dave the Potter

No image

Dave the Potter著者 : Laban Carrick HillLittle, Brown Books for Young Readers発売日 : 2010-09-07『Dave the Potter』 Laban Carrick Hill(邦題:つぼつくりのデイヴ/レイバン・キャリック・ヒル、ブライアン・コリアー)YL:1.0-3.0 (自己評価)語数:1,736語私たちにとって、それはただの土。ただの地面。けれど、Daveにとっては違った──。約200年前のアメリカで奴隷として生きていた、陶工のDave。彼が作った壺、そし...

  •  0
  •  0

[Am]Carmine

No image

Carmine: A Little More Red著者 : Melissa SweetHMH Books for Young Readers発売日 : 2005-05-02『carmine』 Melissa Sweet(邦題:なし/メリッサ・スウィート )YL:2.0-2.5 (自己評価)語数:1,182語ある所に、赤色が好きで、道草が大好きなCarmineという女の子がおりました。Carmineは愛犬のRufusと一緒に、おばあちゃんの家へと向かいます。寄り道をしないように──そんなお母さんの声に生返事をし、赤い上着と画材を掴ん...

  •  0
  •  0

[Am]Anatole and the Cat

No image

Anatole and the Cat著者 : Eve Titus, Paul GaldonKnopf Books for Young Readers発売日 : 2006-11-14『Anatole and the Cat』 Eve Titus, Paul Galdon(邦題:なし/イブ・タイタス、ポール・ガルドン)YL:2.5-3.0 (自己評価)語数:1,940語自分がネズミであることを隠して、チーズ工場のアドバイザーとして働くAnatole。しかしある日、そうとは知らない工場長のM'sieu Duvalが、工場で猫を飼い始めてしまったのでさあ大変。...

  •  0
  •  0

[Am]Anatole

No image

Anatole著者 : Eve TitusDragonfly Books発売日 : 2010-01-12『Anatole』 Eve Titus(邦題:ねずみのとうさん アナトール、ねずみのアナトール/イブ・タイタス、ポール・ガルドン)YL:2.5語数:1,168語パリ近郊に住むネズミのAnatoleは、素敵な家族に囲まれ、誰よりも幸せに暮らしていました。──人間がネズミを忌み嫌っていると知るまでは。自分の名誉のためにも何とか人間の役に立てないかと考えたAnatoleは、タイプした沢山の...

  •  0
  •  0

[Am]The Sugar Child

No image

The Sugar Child著者 : Monique de VarennesAtheneum Books for Young Readers発売日 : 2004-10-05『The Sugar Child』 Monique de Varennes(邦題:なし)YL:2.0-3.0 (自己評価)語数:1,397語カナダのある村に住むパン屋の夫婦には子どもがいませんでしたが、ある日、マジパンで作った少女に命が宿ります。Matineと名付けたその子は雨に弱く、夫妻は心配で彼女を外に出そうとしませんでしたが、同い年の子供たちを見て涙ぐむ...

  •  0
  •  0

[Am]Earthquake in the Early Morning

No image

Earthquake in the Early Morning(Magic Tree House 24)Mary Pope Osborne Sal Murdocca Random House Books for Young Readers 2001-07-24『Earthquake in the Early Morning(Magic Tree House 24)』 Mary Pope Osborne(邦題:夜明けの巨大地震 /メアリー・ポープ・オズボーン)YL:2.7語数:5,552語魔法のツリーハウスで、マスター・ライブラリアンとして様々な時代の様々な国を訪れるようになった兄妹・JackとAnnie。ツ...

  •  0
  •  0

[Am]Day of the Dragon King

No image

Day of the Dragon King (Magic Tree House14)Mary Pope Osborne, Sal Murdocca Random House Books for Young Readers 2010-06-09『Day of the Dragon King (Magic Tree House14)』 Mary Pope Osborne(邦題:始皇帝から禁書を救え! /メアリー・ポープ・オズボーン)YL:2.7語数:5,318語魔法のツリーハウスの持ち主・Morganから、マスター・ライブラリアンの資格をもらった兄妹・JackとAnnie。今回の彼らのミッションは、...

  •  0
  •  0

[Am]Vacation Under the Volcano

No image

Vacation Under the Volcano (Magic Tree House13)Mary Pope Osborne, Sal Murdocca Random House Books for Young Readers 2010-06-09『Vacation Under the Volcano (Magic Tree House13)』Mary Pope Osborne, Sal Murdocca(邦題:ポンペイ最後の日/メアリー・ポープ・オズボーン)YL:2.7語数:5,821語魔法のツリーハウスの持ち主・Morganから、マスター・ライブラリアンの資格をもらった兄妹・JackとAnnie。今回の彼らの...

  •  0
  •  0

[Am]Thank You, Mr. Falker

No image

Thank You, Mr. FalkerPatricia Polacco Philomel Books 1998-05-04『Thank You, Mr. Falker』 Patricia Polacco(邦題:ありがとう、フォルカーせんせい/パトリシア・ポラッコ)YL:2.6語数:2,315語少女・Trishaの祖父は「知識はハチミツのように甘い。しかしどちらかといえば、知識は、ハチミツを集めるハチに似ている」と、読書の素晴らしさを、彼女の5歳の誕生日に説きます。彼女の家族も、Trisha自身も、いつか本を読むよ...

  •  0
  •  0

[Am]Swine Lake

No image

Swine LakeJames Marshall, Maurice Sendak HarperCollins 1999-04-21『Swine Lake』 James Marshall, Maurice Sendak(邦題:おいしそうなバレエ/ジェイムズ・マーシャル、モーリス・センダック)YL:2.2-3.8 (自己評価)語数:1,658語ある所に、やせこけたみすぼらしいオオカミがおりました。ある日、彼が知らない路地を見つけて進んでいくと、そこには劇場が。しかもアクターは全て、丸々とした美味しそうなブタではありま...

  •  0
  •  0

[Am]The Journey

No image

The JourneySarah Stewart, David Small Farrar Straus & Giroux 2001-04『The Journey』 Sarah Stewart, David Small(邦題:なし/サラ・スチュワート、デイビッド・スモール)YL:2.5-3.0 (自己評価)語数:896語昔ながらの生活を営む民族アーミッシュの少女・Hannahは、生まれて初めて都会・シカゴを訪れる。見たことのないデザインの服、高層ビル、たくさんの車……彼女の日記に驚きが綴られていく。旅の最終日、美術館の絵...

  •  0
  •  0

[Am]The Gardener

No image

The GardenerSarah Stewart, David Small Farrar Straus & Giroux 1997-08-30『The Gardener』 Sarah Stewart, David Small(邦題:リディアのガーデニング/サラ・スチュワート、デイビッド・スモール)YL:2.4語数:1,017語ガーデニングが得意な少女・Lydiaは、郊外で両親と祖母と暮らしていたが、生計が苦しいことから、都会の伯父に預けられる。伯父のベーカリーの手伝いをしながら、家から送られてくる植物を育てるLydia。...

  •  0
  •  0

[Am]Two Bad Ants

No image

Two Bad AntsChris Van Allsburg HMH Books for Young Readers 1988-10-24『Two Bad Ants』 Chris Van Allsburg(邦題:2ひきのいけないアリ、くいしんぼうのあり/クリス・ヴァン・オールズバーグ)YL:2.5語数:1,232語女王アリがいたく気に入った、美味しくて幸せな気持ちになれる“キラキラ”を探しに出かけたアリたち。辿り着いた場所には、あふれるほどたくさんのキラキラが。それらを巣に持ち帰るアリたちを尻目に、ここに...

  •  0
  •  0

[Am]Jumanji

No image

JumanjiChris Van Allsburg Andersen 2017-11-02『Jumanji』 Chris Van Allsburg(邦題:ジュマンジ/クリス・ヴァン・オールズバーグ)YL:2.7語数:1,800語公園でボードゲームを拾った姉弟・JudyとPeterは、留守番中にそれで遊ぶことにする。それはパッと見、ジャングルを探検する設定の、ありふれた、退屈そうなすごろくだった。しかしそのゲームを始めた途端に、部屋に現れ襲ってくるライオン、突如降り始めるスコール。解決...

  •  0
  •  0

[Br]The Riddle of the Floating Island

No image

The Riddle of the Floating Island (The Adventures of Archibald Koala 2)Paul Cox Jonathan Cape Ltd 1992-12『The Riddle of the Floating Island (The Adventures of Archibald Koala 2)』 Paul Cox(邦題:ぷかぷか島のなぞ─ラストパップ島のコアラ・アーチボルド氏の冒険/ポール・コックス)YL:2.0-2.3 (自己評価)語数:2,300語 (自己概算)コアラとアナグマ達が仲良く住む島・Wombalano。コアラの探偵・Archi...

  •  0
  •  0

[Br]The Great Eucalyptus Mystery

No image

The Great Eucalyptus Mystery (The Adventures of Archibald Koala 1)Paul Cox Jonathan Cape Ltd 1992-12『The Great Eucalyptus Mystery (The Adventures of Archibald Koala 1)』 Paul Cox(邦題:ユーカリのひみつ─ラストパップ島のコアラ・アーチボルド氏の冒険/ポール・コックス)YL:1.9-2.2 (自己評価)語数:1,600語 (自己概算)Wombalano島では昔から、コアラとアナグマがそれぞれに街を作り、仕事や施設を...

  •  0
  •  0

[Am]The Garden of Abdul Gasazi

No image

The Garden of Abdul GasaziChris Van Allsburg HMH Books for Young Readers 1979-10-10『The Garden of Abdul Gasazi』 Chris Van Allsburg(邦題:魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園/クリス・ヴァン・オールズバーグ)YL:2.7語数:1,117語少年・Alanは、Miss Hesterの留守中、彼女の飼い犬・Fritz──行儀のなってない困った犬──の世話を任されます。しかし、散歩の途中に首輪から抜け出し、「絶対に犬を入れないこと」と看板...

  •  0
  •  0

[Am]The Frog Prince, Continued

No image

The Frog Prince, ContinuedJon Scieszka, Steve Johnson Puffin Books 1994-09-01『The Frog Prince, Continued』 Jon Scieszka, Steve Johnson(邦題:なし/ジョン・シェスカ)YL:2.0語数:1,089語カエルに変えられていた王子様はお姫様のキスで魔法が解け、二人は幸せに──暮らしていたかというと、そうでもなく。カエルの頃の習慣が抜けない王子様は、舌を長く伸ばしたり、寒い日に池に飛び込もうとしたり。ある日お姫様に...

  •  0
  •  0

[Am]Big Fat Cat and the Snow of the Century

No image

Big Fat Cat and the Snow of the Century (Big Fat Cat 7)向山 貴彦、たかしま てつを 幻冬舎 2004-12-10『Big Fat Cat and the Snow of the Century』 向山 貴彦、たかしま てつを(邦題:BIG FAT CAT と雪の夜)YL:2.5語数:9,200語パイコンテストで優勝し、賞金と、モールへの出店権利を手にしたパイ職人・Ed。しかし、自分にその栄誉は相応しくないと悩むEd。そんな折、百年に一度の大雪が到来し、Catが行方不明になっ...

  •  0
  •  0

[Am]A Ghost Tale for Christmas Time

No image

A Ghost Tale for Christmas Time (Magic Tree House 44)Mary Pope Osborne, Sal Murdocca Random House Books for Young Readers 2012-09-25『A Ghost Tale for Christmas Time』 Mary Pope Osborne(邦題:ロンドンのゴースト/メアリー・ポープ・オズボーン)YL:2.9語数:12,971語小学生の兄妹・JackとAnnieは、魔法のツリーハウスで色々な時代や国を冒険している。ツリーハウスの持ち主である魔術師・Marlinから彼らが今...

  •  0
  •  0