FC2ブログ

archive: 2016年01月  1/1

1月の達成度&おすすめ本(と、読みたい本)

No image

1月の到達語数: 404,601語 (今月の読語数: 22,089語)今月も冊数少ないわ~……と思っていたんですが、OBWやPenguinシリーズをちょこちょこ読んでいたり、ブログに既に載せた本を再読したりしていたので、単語数は2万語越えましたね。良かった。さて、今月の、お薦めの1冊を。Toot & PuddleHolly Hobbie Little, Brown Books for Young Readers 2010-09-07色鮮やかに、インドアとアウトドア両方の楽しみが語りつくされる本。...

  •  0
  •  0

[Am]Like Butter on Pancakes

No image

Like Butter on PancakesJonathan London, G. Brian Karas Viking Juvenile 1995-03-01『Like Butter on Pancakes』 Jonathan London, G. Brian Karas(邦題:パンケーキにのっけたバターみたい/ジョナサン・ロンドン、G・ブライアン・カラス)YL:0.5語数:291語パンケーキに乗せたバターのような、あたたかい黄金色の光が、君の枕元にとろりと広がる。猫はゴロゴロと陽だまりの下を転がり、夢うつつの君に、ベーコンの香りが...

  •  0
  •  0

[Am]Toot & Puddle

No image

Toot & PuddleHolly Hobbie Little, Brown Books for Young Readers 2010-09-07『Toot & Puddle』 Holly Hobbie(邦題:トゥートとパドル ふたりのすてきな12か月/ホリー・ホビー)YL:0.9語数:418語一緒に暮らすTootとPuddleは、大の仲良し。Puddleは家にいるのが大好き。Tootは旅に出るのが大好き。ある日、Tootは世界一周の旅へ。Tootが様々な国での冒険譚をハガキで送ってくれる一方、Puddleは……。Tootのハガキとそこに添...

  •  0
  •  0

[Am]Follow the Drinking Gourd

No image

Follow the Drinking GourdJeanette Winter Dragonfly Books 1992-01-15『Follow the Drinking Gourd』 Jeanette Winter(邦題:邦題なし/ジャネット・ウィンター)YL:1.0語数:1,069語南北戦争以前。アメリカの奴隷たちを解放しようとする元船乗り・Peg Leg Joeという老人がいた。彼は農場で転々と働き、その先々で、奴隷たちに歌を教えた。そして奴隷たちは、その歌を道しるべに、自由の地へと逃亡する――現代に伝わる「Follo...

  •  0
  •  0

[Br]Meg and Mog

No image

Meg and MogHelen Nicoll, Jan Pienkowsky Puffin 2012-08-28『Meg and Mog』 Helen Nicoll, Jan Pienkowsky(邦題:メグとモグ/ヘレン・ニコル、ヤン・ピエンコフスキー)YL:0.6語数:243語真夜中1時、魔女のMegは黒猫Mogを連れて、ハロウィーンパーティーに出かけます。それは魔法のジュモンを唱えるパーティー。仲間たちと大鍋を囲み、“Abracadabra”と唱えると……。シンプルな絵柄とハッキリとした色彩が、どこかミッフィー...

  •  0
  •  0

30万語到達してました

No image

唐突ですが、多読30万語を到達しておりました。ええと、実は、SSS学習法のサイト様の、[What is YLs?]というページの、到達語数ごとの各YLの読書目安語数を参考に多読をしていたのですが、 ●   0→ 10万語…(YL0) 2万+(YL1) 8万 【計10万】 ● 10万→ 30万語…(YL0)1万+(YL1)14万+(YL2)15万 【計30万】となっていたので、あ、10万語までいったら最初からやり直して30万語また読むのね、と思っていたのですが、 ● ...

  •  0
  •  0

[Br]Stranger than Fiction: Urban Myths

No image

Stranger than Fiction: Urban Myths (Penguin Readers: Level 2)Phil Healey, Rick Glanvill Pearson Japan 2012-10-18『Stranger than Fiction: Urban Myths』 Phil Healey, Rick Glanvill(邦題:なし)YL:2.5語数:7,125語Billは会社の面接中に不採用だと確信したが、面接官がこちらで待てと開けたのは、何故か用具入れのドアで……。(「No Jobs in the Cupboard」)75歳のCharlieは、子どもの頃に事故に遭って以来ずっと...

  •  0
  •  0

[Br]Charley, Charlotte and the Golden Canary

No image

Charley, Charlotte and the Golden CanaryCharles Keeping Oxford University Press 1967-09-01『Charley, Charlotte and the Golden Canary』 Charles Keeping(邦題:しあわせどおりのカナリヤ/チャールズ・キーピング)YL:2.0語数:610語CharlieとCharlotteは大の仲良し。二人の楽しみは、市場に行って色とりどりの鳥の露天を眺めることでした。しかしある日、居住区の再開発によってCharlotteが引越し、二人は会えなくな...

  •  0
  •  0

[Br]A Little Princess

No image

A Little Princess (Oxford Bookworms: Stage 1)Frances Hodgson Burnett Oxford Univ Pr (Sd) 2007-11-08『A Little Princess』 作者(邦題:小公女 抄訳版)YL:2.1語数:5,840語資産家の娘であるSaraは、イギリスの寄宿学校に預けられる。優しい彼女はすぐに学校の人気者になるが、誕生日に届いた父の訃報によって、学校の使用人として働かされることに。しかし、辛い境遇の中でも、決して誇りと優しさを失わないように努...

  •  0
  •  0

[Br]Shirley Homes and the Cyber Thief

No image

Shirley Homes and the Cyber Thief (Oxford Bookworms Library: Stage 1)Jennifer Bassett Oxford University Press 2013-02-07『Shirley Homes and the Cyber Thief』 Jennifer Bassett(邦題:なし)YL:2.1語数:6,063語私立探偵・Shirley Homesの元を、システムデザイン会社の社長・Jeffが訪れる。半年前からパッタリと仕事が取れなくなったのだが、ライバル社が何故かいつも、酷似したサービス内容で少し安めのコストを...

  •  0
  •  0