FC2ブログ

archive: 2017年02月  1/1

2月の達成度と読みたい本

No image

2月の到達語数: 550,678語 (今月の読語数:6,375語)すみません……ちょ……今、本気で忙しくて……(数少ない読んだ本のデータさえ、月末に泡食って書いている駄目加減でお察し下さい……)3月中旬までは多分こんな感じです。ご覧下さっている方には申し訳ないです……。今月のお薦めの1冊は、冊数が少ないので割愛させて下さい。いつか読みたいな、と思っている本の紹介だけ。The Rhythm of Riddles: 3 Byomkesh Bakshi MysteriesSarad...

  •  0
  •  0

[Br]The It-Doesn't-Matter Suit

No image

The It-Doesn't-Matter Suit and Other StoriesSylvia Plath Faber & Faber 2014-11-06『The It-Doesn't-Matter Suit』 Sylvia Plath(邦題:なし/シルヴィア・プラス)YL:1.7-1.8 (自己評価)語数:1,900語 (自己概算)7人兄弟の末っ子・Max Nixは、高山の村で幸せに暮らしていました。けれど、たった一つだけ、物足りないことが。それは、村の人達はみんな(彼の家族も含めて)自分の一張羅があるのに、Maxだけまだ持っ...

  •  0
  •  0

[Br]Humbert

No image

HumbertJohn Burningham Red Fox 2000-07-25『Humbert』 John Burningham(邦題:はたらくうまのハンバートとロンドン市長さんのはなし/ジョン・バーニンガム)YL:2.5語数:1,200語Humbertは、鉄くず屋のFirkin氏と働く荷運び馬。Firkin氏は優しいけれど、彼の良く行くパブで、ロンドン市長の馬車を引く馬たちにいつも馬鹿にされ、「世の中こんなに不公平なのか」と溜め息をついていました。そんなある日、市長の就任パレードの...

  •  0
  •  0

[Br] Around the World in Eighty Days

No image

Around the World in Eighty DaysJohn BurninghamJonathan Cape Ltd1987『Around the World in Eighty Days』 John Burningham(邦題:なし/ジョン・バーニンガム)YL:2.5-3.0 (自己評価)語数:1,500語1872年10月2日。ジュール・ヴェルヌの小説の主人公は、ロンドンの紳士クラブから世界一周の旅に出た。1970年10月3日。“私”は、彼と全く同じ場所から、世界一周の旅に出た。もちろん、正真正銘、本当の話だ。オリエント急行...

  •  0
  •  0

[Br]Unusual Day

No image

Unusual Day(Corgi Pups)Sandi Toksvig Corgi Pups 1997-04-07『Unusual Day』 Sandi Toksvig(邦題:なし/サンディー・トクスヴィグ)YL:2.8語数:1,775語Jessicaのクラスでは、ペットを学校に連れてくる"Pet Day"や、庭から何か持ってくる"Nature Day"という特別授業が行われています。珍しいものを発表する"Unusual Day"に、Jessicaは自分のおばあちゃんを連れてきますが、先生に"unusual"ではないと言われてお冠。実はお...

  •  0
  •  0