FC2ブログ

[?]All Shining in the Spring


All Shining in the Spring: The Story of a Baby Who DiedAll Shining in the Spring:
The Story of a Baby Who Died

Siobhan Parkinson

O'Brien Pr 1996-12

『All Shining in the Spring』 Siobhan Parkinson
(邦題:なし/シヴォーン・パーキンソン)
YL:1.6-1.8 (自己評価)
語数:1472語 (自己カウント ※概算)

Matthewは喜びのあまり、どうにかなりそうだった。
というのも、お母さんに赤ちゃんが出来たからだ。
弟が生まれる日を、心から待ちわびるMatthew。
しかしある日、検診に行った母親が聞かされたのは、胎内で赤ちゃんが死んでいるという事実だった……。

タイトルと表紙のほのぼのさから手に取ってみたら(サブタイトルは見てなかった)、予想外の展開でした……重い!!
対象年齢が4~8歳ということにもビックリ。
まだ幼さの残る少年が、生まれる前に死んでしまった弟の死をゆっくりと受け止めていく、切なくも強い話です。

YLは感覚です。文字数のわりに、単語や文章が易しい印象でした。
概算は、1ページ辺りの文字数の平均×ページ数です。
そして言語が、特に目立った差異はないので普通に読めますが、アメリカ英語でもイギリス英語でもないかも……アイルランドの方なので、スコットランド英語?
絶版なので、図書館でお読み下さいまし。

0 Comments

Leave a comment