FC2ブログ

[Br]The Night Shimmy


The Night ShimmyThe Night Shimmy
Gwen Strauss, Anthony Browne

Corgi Childrens 2003-08-07

『The Night Shimmy』 Gwen Strauss, Anthony Browne
(邦題:ナイトシミー 元気になる魔法/グエン・ストラウス、アンソニー・ブラウン)
YL:1.3
語数:508語

Ericは話すことが嫌いな少年。
けれど彼には空想の友人・the Night Shimmyがついていて、人からも悪夢からも、いつでも彼を守ってくれるのです。
そんなEricでしたが、ある日、Marciaという少女と出会います。
自分に悪口や否定的な言葉を言わないMarciaと仲良くなったEricでしたが、翌日、the Night Shimmyが消えてしまっていることに気付き――。

この本、絵本と言いつつ難しいんですよね……。噛み砕くのに2回読み直しました。
the Night Shimmy(=もう一人の自分)を介して他者と会話をし、the Night Shimmyの手助けを得て悪夢(=不安)と戦っていた少年が、理解者を得て、ダイレクトに自分自身で行動や表現ができるようになっていく物語――と、私は解釈しました。
現代で言う、イマジナリー・フレンドですかね。周囲に理解者がいない子どもにとっては、自分を肯定する(=自分がこの世界にいても良いと思えるようになる)上で、とても大事なものです。
理解者に出会えて良かったと、それまで自分自身で心を守って偉かったねと、思いますね。
Marciaと出会ってから描かれるものがオウム=人間語を喋れる動物であるところも、面白いです。トカゲはどういう暗喩なんだろ。

0 Comments

Leave a comment