FC2ブログ

[Am]Tree of Cranes


Tree of CranesTree of Cranes
Allen Say

HMH Books for Young Readers
2009-11-16

『Tree of Cranes』 Allen Say
(邦題:なし/アレン・セイ)
YL:1.8
語数:1,027語

ある冬の日、“ぼく”が池遊びをして帰ってくると、お母さんが銀色の紙で折鶴を作っています。
冬に池に行ったせいで体を冷やしてしまい、布団に放り込まれてしまった“ぼく”でしたが、窓から庭を覗くと、今度は小さな松を掘り起こしているお母さんの姿が。
しばらくすると、鉢に植え替えた松を、お母さんが部屋に持ってきて……。

何回か別の本も登場している、おじいさんが日本人の作家さんです。
この本では、日系アメリカ人のお母さんが彼に、アメリカの文化を日本で手に入るもので教えるのですが、日付けを見てやっと「ああ!」と納得。
"Peace & Quiet"……現代のアメリカのそれも、かなり趣が変わった気がしますが、素晴らしい風習です。
そして異文化を英語で表現しようとするとこんなに大変なのかと、面白くもあります。"sour plum"とか、"yellow radishes"とか。
"slices of my favorite tea cake"は、羊羹に見えるのですが、多分羊羹でしょうね。

0 Comments

Leave a comment