FC2ブログ

[Am]Stellaluna


StellalunaStellaluna
Janell Cannon

HMH Books for Young Readers
1993-04-30

『Stellaluna』 Janell Cannon
(邦題:ともだち、なんだもん! ―コウモリのステラルーナの話―/ジャネル・キャノン)
YL:1.9
語数:1,463語

フクロウに襲われ、お母さんと離ればなれになってしまった赤ちゃんコウモリ・Stellaluna。
偶然落ちた鳥の巣の中で、小鳥たちと育てられた彼女は、鳥と同じように虫を食べ、夜は眠るように。
しかし自力で飛べるまで大きくなったある日、自分がコウモリであることを知ったStellaluna。兄弟の鳥たちの元へ行き……。

正直、コウモリの毛や羽の描写がリアルで、「あ……あかん、時々絵がどうにも気持ち悪い……」と思いながら読みました。
でも、鳥のお母さんに怒られている時の、Stellalunaのクリクリお目目はめっちゃかわいい。
『みにくいアヒルの子』を彷彿とする出だしですが、鳥の兄弟も育ての母さんも優しくてホッとします。
巻末のコウモリの豆知識は、結構多読を進めてからでないと読みづらそうですが、羽のつくりなど生態が分かって興味深いです。

0 Comments

Leave a comment