FC2ブログ

[Am]Gregory, the Terrible Eater


Gregory, the Terrible EaterGregory, the Terrible Eater
Mitchell Sharmat, Jose Aruego

Scholastic Trade
2009-10

『Gregory, the Terrible Eater』 Mitchell Sharmat, Jose Aruego
(邦題:なし)
YL:1.5
語数:871語

子ヤギのGregoryは、両親の頭を悩ませる"Terrible Eater"。
何故なら彼は、果物や野菜・卵やお肉や魚が好きという、“好き嫌い”の激しい子どもだったのです。
お医者さんの助言を受けて、見事Gregoryは“好き嫌い”を克服するのですが……。

出だしから「好き嫌いって何だっけ?」と価値観をひっくり返されてしまう、その感覚がまず愉快。
読み進めるにつれ、「好きなもの食べさせてあげてよぉ!」と思わず両親に言いたくなります。
"Terrible Eater"とは、“好き嫌いが激しい”のか、“悪食”なのか……いや、それ以外にも、色々な意味を含めて"terrible"なのでしょう。

0 Comments

Leave a comment