FC2ブログ

[Br]Harvey Slumfenburger's Christmas Present


Harvey Slumfenburger's Christmas Present (0)Harvey Slumfenburger's Christmas Present
John Burningham

Walker
2011-12-16

『Harvey Slumfenburger's Christmas Present』 John Burningham
(邦題:クリスマスのおくりもの/ジョン・バーニンガム)
YL:1.6
語数:1,260語

クリスマス・イブの夜。世界中の子どもたちにプレゼントを配り終えて帰ってきた、サンタクロースとトナカイ。
ダウンしてしまったトナカイの世話をして、自分もやっと休もうとしたサンタがベッドの上に見つけたものは、配り忘れのプレゼント1つ。
サンタは知っていました。このプレゼントを贈るHarvey少年の家は貧しく、サンタが贈るものが、唯一のクリスマスプレゼントであることを。
サンタは赤いコートをパジャマの上に羽織り、遠い遠い山頂の家を目指して、一人出発します。

バーニンガムさんの本は、情感や心理描写が何気なく沢山詰めこまれていて情報量多いな……と、説明文を書いてしみじみ思いました。
ソリを使えない中でどうやって僻地へと向かうのか、その方法がとても美しいです。
しかしこの、仕事をやり終えて疲れ果てて帰ってきたら、まだ1つ残ってた時の絶望感。これは大人の方が、共感が深いんじゃないでしょうか(笑)

絶版なので、リンク先はKindle版です。

0 Comments

Leave a comment