FC2ブログ

[Am]Gingerbread Baby


Gingerbread BabyGingerbread Baby
Jan Brett

G.P. Putnam's Sons
2003-09-22

『Gingerbread Baby』 Jan Brett
(邦題:なし/ジャン・ブレット)
YL:1.8-2.0 (自己評価)
語数:1,074語

外は凍えんばかり、家の中はホカホカとした、ある冬の日。
今日はジンジャーブレッドを作るにうってつけと、少年・Mattiは、お母さんと一緒に生地をこね始めます。
しかし、焼き上がりを待ち切れなかったMattiがオーブンを開けると、中からGingerbread babyが飛び出し、逃げてしまって……。

民話『The Gingerbread Man』の、別バージョンのような話。アンデルセンとディズニー版、のような。個人的には、こちらの話の方が好きです。
緻密な美しい挿し絵で、飾り枠にも、これからの展開をチラ見せするような絵や、「一方その頃……」といった描写が描きこまれていて、見ごたえがあります。
何より表紙のぼうやの、パリッと美味しそうなキツネ色の表面……あ、いえいえ。

本(540語・YL平均1.4)とSSS(1000語・YL2.0)でバラつきがあり、どうしようか悩みましたが、AR BookFinder USが1074語だったので、そちらで。
YLは感覚で。文章はシンプルなものが多いのですが、結構分からない単語がありました。

0 Comments

Leave a comment