FC2ブログ

1月の 達成度&おすすめ本(と、読みたい本)


1月の到達語数: 544,303語 (今月の読語数: 30,584語)

後半、かなり失速してしまいました…!!
スキマ時間もしっかり使っていかないと、意外にページが進まないことを痛感しました。

さて、今月の、お薦めの1冊を。

Agatha Christie, Woman of Mystery Level 2 Oxford Bookworms Library: 700 HeadwordsAgatha Christie, Woman of Mystery (Oxford Bookworms: Level 2)
John Escott

Oxford University Press
2012-02-10

『Agatha Christie, Woman of Mystery』 John Escott
(邦題:なし)

詳しい記事はこちらへ。
『The Death of Karen Silkwood』と悩んだのですが、こっちで…!!
キャラクター誕生にまつわる話や、ご本人の結構アクティブだった性格なども面白く読みました。


そして、いつか読みたいな、と思っている本はこちら。

Max Perkins: Editor of GeniusMax Perkins: Editor of Genius
A. Scott Berg

Scribner UK
2016-09-22

『Max Perkins: Editor of Genius』 A. Scott Berg
(邦題:名編集者パーキンズ/A.スコット バーグ)

年明けに『ベストセラー』という映画を観に行ったのですが、これが非常に良くてですね(部屋にフライヤー貼ったくらい)、その原作本です。
無名の作家トマス・ウルフと、その才能に惚れ込み彼をアメリカの人気作家にまで押し上げた編集者パーキンズの、友情……と一言ではくくれない、血反吐を吐くような表現者としてのぶつかり合いとその他入り混じる複雑な感情とその行方を描いた作品なんですが。
映画中の、
P「どうして、主人公の父親とその友人との会話に、原稿用紙50枚も割くんだ!!」
 (※もう既にワイン箱3箱分の原稿を持ってきた編集作業中の作品の、加筆原稿)
T「いや、だって……彼が好きだから」
P「私も好きだよ、大好きだ。だが、50枚はやりすぎだ!!」
というやり取り(台詞はうろ覚えです)も、この本の中に入っているのか……とても気になります。きっとYL6は余裕で超えるんだろうけれども…!!

0 Comments

Leave a comment