FC2ブログ

[Am]Math Curse


Math CurseMath Curse
Jon Scieszka, Lane Smith

Viking Books for Young Readers
1995-10-01

『Math Curse』 Jon Scieszka, Lane Smith
(邦題:算数の呪い/ジョン・シェスカ、 レイン・スミス)
YL:1.4-1.5 (自己評価)
語数:1,524語

ある日の算数の授業中、先生に「身の回りのことを算数に置き換えてみましょう」と言われてから、私は算数の呪いにかかってしまった。
起きて家を出るまでの時間、朝ごはんのシリアル、お昼のピザ、野球選手の話、お札とコイン……全てを算数の問題にしてしまう。
とうとう夢の中でまで、数式に取り囲まれてしまった私は……。

うん、算数嫌いの私はうんざりしました!!w
まさに主人公の気持ち、"lunatic"そのものです。「1ワシントン=25リンカーン? 5ワシントン=1リンカーン?」とか勘弁して下さい。
沢山の算数問題の中にチョコチョコ顔を出す、「アップルパイとピザ、どっちの方が美味しいかしら?」といった質問に癒されますw

お久しぶりです、更新が滞ってしまいすみません。
この方の絵本、参考書に載っているもの全てがYL2.5辺りだったのでこれもかな、と思って読んでみたのですが、語彙数360語程度で、単純計算ではYL2台に行きませんでした……。

0 Comments

Leave a comment