FC2ブログ

[Am]The Third Finale


『Detective Columbo ─The Third Finale─』 Patrik Connolly
(邦題:第三の終章 ─刑事コロンボ/パトリック・コノリー編訳)
YL:3.1-3.4 (自己評価)
語数:7,000語 (自己概算)

出版社の社長・Raileyは、他社に鞍替えを決めた人気作家・Malloryを恨み、元兵士のEddyに暗殺を依頼する。
Eddyが殺害を実行している間にRaileyはアリバイを作り、計画は完璧であるように見えた。
しかし、事件を担当するColumbo刑事──汚いレインコートを羽織り見すぼらしい身なりの彼──は、Raileyを探り始め……。
刑事コロンボ『Publish or Perish(第三の終章)』の抄訳版。

知人が古書店で見つけたと貸してもらいました。やったー久しぶりのミステリだー!!
なすりつける、というニュアンスに"connect"を使っているのが興味を惹かれました。簡約だから婉曲的な表現になっているのか、本来もそういう意味合いで使われる単語なのか。
表紙に語彙数が1500語と書かれていたので、語彙数1300以上語数1万語以内のYL3台に入るな、と推定YLはこれぐらいで。

0 Comments

Leave a comment