FC2ブログ

[Am]The Sugar Child

Atheneum Books for Young Readers
発売日 : 2004-10-05

『The Sugar Child』 Monique de Varennes
(邦題:なし)
YL:2.0-3.0 (自己評価)
語数:1,397語

カナダのある村に住むパン屋の夫婦には子どもがいませんでしたが、ある日、マジパンで作った少女に命が宿ります。
Matineと名付けたその子は雨に弱く、夫妻は心配で彼女を外に出そうとしませんでしたが、同い年の子供たちを見て涙ぐむ彼女に折れ、学校にも通わせることに。
しかしある日、Matineと親友になった少年が、病気で危篤になり……。

優しい世界。絵も美しいです。
マジパンで出来たMatineに砂糖が降りかかっているような描写が、優しい色合いの中で発光しているように際立っています。
マジパンは"marzipan"で"r"があるのね……初めて知りました。

YLは、AR BookFinderでのBook Levelと語数が同じ本が、大体2~3台だったのでこんなものかなと。

0 Comments

Leave a comment