FC2ブログ

[Am]Anatole and the Cat

Knopf Books for Young Readers
発売日 : 2006-11-14

『Anatole and the Cat』 Eve Titus, Paul Galdon
(邦題:なし/イブ・タイタス、ポール・ガルドン)
YL:2.5-3.0
語数:1,940語

自分がネズミであることを隠して、チーズ工場のアドバイザーとして働くAnatole。
しかしある日、そうとは知らない工場長のM'sieu Duvalが、工場で猫を飼い始めてしまったのでさあ大変。
猫が工場内を歩き回る中で行なった味見の評価は、誰の目から見ても明らかにメチャクチャで……。

フランス語が入り混じってくるのが特徴のこのシリーズですが、1作目よりも分からないフランス語が多く、全体的に難しい印象を受けました。
精神的なものから来る胃痛でも"stomach ache"を使うのだな、と少し不思議な気持ち。まあ、理由はどうあれお腹が痛くなるという結果が一緒なら、ざっくりした所見としては一緒かぁ。

0 Comments

Leave a comment