FC2ブログ

[Am]Days with Frog and Toad


Days with Frog and Toad (I Can Read Book 2)Days with Frog and Toad (I Can Read Book 2)
Arnold Lobel

HarperCollins 2004-02-03

『Days with Frog and Toad』 作者
(邦題:ふたりはきょうも/アーノルド・ローベル)
YL:1.2
語数:2074語

快活なFrogと、マイペースで天然なToad。
しかし、ある日ToadがFrogの家に遊びに行くと、家の扉には「ひとりになりたい」というToadへのメッセージが貼られていて……。
大親友二人の友情を描いた、あたたかな掌編集。

ついに、シリーズを読みきってしまいました……!!
この巻は、Toadが良い方向にも悪い方向にも働くぐらい本当に素直なんだなぁと深く考えてしまう話や、前述の「ひとりになりたい」理由が語られる話など、とても多才です。シリーズで一番好きな本を選べといわれたら、私はこの本。
「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない」(多分)の言い回しの多彩さも、この本がお気に入りの理由。

0 Comments

Leave a comment