FC2ブログ

[Am]Rip Van Winkle and The Legend of Sleepy Hollow


Rip Van Winkle and The Legend of Sleepy Hollow CD Pack (Book &  CD) (Penguin Readers (Graded Readers))Rip Van Winkle and The Legend of Sleepy Hollow  (Penguin Readers :Graded Readers)(Book & CD)
Washington Irving

Pearson Japan 2008-03-12

『Rip Van Winkle and The Legend of Sleepy Hollow』 Washington Irving
(邦題:リップ・ヴァン・ウィンクル、スリーピー・ホローの伝説/ワシントン・アーヴィング)
YL:1.2
語数:3700語

Rip Van Winkleは酒場で友人と話をするのが何より好きで、仕事が嫌いな農夫。
ある日、妻の小言を聞くのが嫌で、愛犬と山に逃げてダラダラしていると、一人の老人と出会います。
沢山の老人がたむろする彼の住処で酒盛りを楽しんで一眠りすると、傍に愛犬の姿が見えません。
愛犬を探しながら自分の村に戻ると、村は変わり果てた姿になっていて……。(「Rip Van Winkle」)

タイトルは聞いたことがあったのですが、初めてちゃんとした内容を知りました。
一夜にして彼の身に何が起こったのか……激動の時代を生きた作者ならではのストーリーだと思います。
「The Legend of Sleepy Hollow」も、面白いです。後味の悪いところが(笑)

プロジェクト・グーテンベルク(日本でいう青空文庫)でちらっと調べてみましたが、もともとの文章は、だいぶ違いますね。
かなり簡単に英文を直してもらっています。
最近YL1.8の<Amelia Bedelia>シリーズを読んでいたからか、YL1.2のこの本は、かなり楽に読めました。
多読の“長くてやさしい文章を読む”というのがどういうものなのか、分かった気がします。

0 Comments

Leave a comment