FC2ブログ

[Br]Oxford Reading Tree-Stage.8 (21)


STAGE 8 STORYBOOK PACK (Oxford Reading Tree)STAGE 8 STORYBOOK PACK (Oxford Reading Tree)
Roderick Hunt

Oxford University Press (Japan) Ltd. 2011-01-01

Oxford Reading Tree Stage.5(21) 【Stories】
YL:0.8
語数:5631語
    ①『The Kidnappers』(877語)
    ②『Viking Adventure』(914語)
    ③『The Rainbow Machine』(992語)
    ④『The Flying Carpet』(1034語)
    ⑤『A Day in London』(890語)
    ⑥『Victorian Adventure』(922語)

Chip、Biff、Kipperの三人兄弟を中心にしたシリーズ。
不思議な鍵の魔法で、色々な世界を旅します。

①『The Kidnappers』でまず、度肝を抜かれました。
Kipperがぬいぐるみになって、大事にしているぬいぐるみたちとテディ・ベアのピクニックに参加するのですが、「ふーん、テディ・ベア……別に大好きってわけでもないのよね」とか思ってたら、すごく見覚えのある有名人が出てきてテンションが一気に上がりました。名前は出ないがどう見てもだね?!
その子より先に、全く知らないシロクマ君が出てきたので、誰か気になってグーグル先生に聞いてみました。
そうか、Rupert君って言うのか……知らなかった(Wikipedia参照

⑥『Victorian Adventure』は単品でも読めますが、⑤『A Day in London』で時代背景などちょっとした前フリが入っているので、⑤⑥と続けて読むのが個人的にはお勧めです。
ヴィクトリア朝……その言葉だけでテンションが上がります(笑)
しかもこの2冊、連続でGranが出てきます。キャー、オバアチャーン!!(どんだけGran好きなのよっていう)

面倒なので、6冊まとめました(笑)
Stage.9はさすがに読むのに時間が掛かると思うので、1冊ずつ紹介するかもです。

0 Comments

Leave a comment